日曜日の18時30分と言ったら、

サザエさん

サザエさん

ですね!

 

サザエさん一家みんなが頼りにしている、サザエさん、カツオくん、ワカメちゃんの母、

フネさん

フネ

の声を長年つとめていた声優さんが、

麻生美代子さん

麻生美代子

という方。

 

残念ながらお亡くなりになってしまいましたが、声優・麻生美代子さんの本名や生い立ち、前職などもご紹介していきたいと思います♪

 

【サザエさん】元フネ役の声優・麻生美代子の本名や生い立ちは?

麻生美代子

名前:麻生美代子(あそうみよこ)

本名:左近允美代(さこんじょうみよ)

生年月日:1926年4月7日(-2018年8月25日 92歳没)

出身:東京府北豊島郡滝野川村田端(現在の東京都北区田端)生まれ

   /東京市下谷区御徒町(台東区御徒町)育ち

血液型:A型

家族:左近允洋(夫)⇐職業は音響監督

 

「左近允」という名字が珍しくて印象的ですが、旦那様は音響監督の左近允洋(さこんじょうひろし)さん

ご夫婦で芸能関連のお仕事をしていたということになりますね。

 

そして、麻生さんがお生まれになった頃の東京の地名は、今の呼び方と違いますね^_^

まさに大正と昭和の境目のお生まれになるわけですが、麻生さんが「サザエさん」のフネさん役を演じたのは、

1969年10月5日~2015年9月27日まで(長い!!)

 

麻生さんの年齢や、これまでの様々なご経験があってこその、「磯野フネ」役だったのかもしれません。

 

麻生美代子さんの前職は?

麻生美代子,フネ

声優として活躍される前のお仕事として、

旧海軍の艦船や航空機の位置を確認するために必要な天体観測の仕事をしていたそうです。

 

なにせ、1926年(大正15年/昭和元年)のお生まれですからね^^;

麻生さんの青春時代は戦争の時代だったんですね。

 

しかし、天体観測の仕事って、何か専門知識をお持ちだったんでしょうか・・・?

声優の前職としてはかなり異色と言ってもいいでしょう。

 

そして、1945年の19歳の時には、東京大空襲で被災します。

 

麻生さんは学生時代から演劇を志しており、この後は舞台女優声優として活動されます^_^

若い頃に旧海軍の天体観測の仕事をしつつも、演劇の方も夢見ていたんでしょうか。

まさか、アニメの声優で何十年も続くことになろうとは、当時の麻生さんは思いもしなかったでしょうね♪

 

まとめ

さて、ここで懐かしい麻生美代子さんの声の「フネさん」を御覧ください♪

⇩⇩

フネ,サザエさん

 

作品No.5311『おフネちゃん時代』です♪

麻生さんの声が懐かしいですね!

優しくて頼りになる「お母さん」の声(泣)

 

2015年の9月27日放送分を最後に、46年間つとめあげた「フネ」の役は、寺内よりえさんが引き継いています。

やはり長年役柄をつとめたことで、麻生さんの声のイメージが強く染み込んでいるようですが、長寿アニメゆえに声優さんの高齢化問題は避けることはできませんね。

 

あらためて、麻生美代子さんのご冥福をお祈りいたします。