さて、とうとうこの日がやってまいりました!

平成天皇が退位されるということで、4月30日をもって平成の世が終わるわけですが、新しい元号が発表されましたね!

「令和」

令和,菅官房長官

となりました!

いつもクールな菅官房長官も、何となく表情が柔らかい♪

 

いやいや・・・新しい時代がやってくるのかと思うと気持ちが引き締まりますし、同時に目頭が熱くなってきますねぇ。

 

元号というのはもちろんですが、深い意味が込められています。

次の時代となる「令和」にはどんな意味が込められているのでしょうか?

 

そして「令和」は万葉集から引用されたそうですが、そもそも万葉集ってどんなものだったでしょうか?

学生時代は日本史などの授業で出てきたワードですが、説明しようとするとわかんないですよね^^;

この際ですから、ざっくりと調べていきたいと思います♪

Sponsored Links

新元号は「令和」♪その意味とは?

元号

これまでの元号には、これから始まる新しい時代への思い、意味が込められていますよね。

今回決定した「令和」にはどんな意味が込められているのでしょうか?

 

新元号発表からすぐ、安倍総理大臣の談話が発表されましたが、その中で総理は「令和」に込めた意味について、

「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つという意味が込められている」

と語られています。

 

そして、『万葉集』の

「初春の令月にして 気淑く風和ぎ 梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫らす」

という一節からとられたもの。

 

「厳しい寒さの後に春の訪れを告げる、見事に咲き誇る梅の花のように、日本人がそれぞれの花を大きく咲かせることができる、そんな日本でありたい」

そんな意味が込められているわけですが、希望に溢れた意味合いで、とても良い元号だなと思いますね。

 

「大化」から今日まで247もの元号が決められてきたわけですが、それまでは中国の古典から引用されたものでしたが、「令和」になって初めて、日本の万葉集から引用されることとなったわけです。

そう思うと非常に感慨深いですし、とても美しい響きだなと改めて感じます。

Sponsored Links

今さら聞けない・・・万葉集って何?

万葉集,古い本

今回新元号の「令和」の出典となった『万葉集』。

 

私達も学校の授業、日本史では必ず目にする「万葉集」というワードでしたが、いまいちどんなものなのか説明しろと言われたら「え~っと・・・」としどろもどろになってしまうくらいわからないもの。

 

万葉集とは、奈良時代末期に編纂された20巻からなる日本最古の和歌集です。

 

このような時代に和歌を詠むなんて、とても身分の高い方々でしかできないことなんじゃないの?と思いますよね。実際に歌人として、

額田王

柿本人麻呂

山部赤人

大伴家持

などなど、そうそうたるメンバーが名を連ねているわけです。

 

しかし、万葉集の面白いところは、作者不詳の防人・農民のような様々な身分の人達の歌も含まれています。

天皇から庶民まで広くたくさの人に詠まれた4500首あまりの歌が集められています。

さいごに

令和

新元号が「令和」となり、出典となった万葉集にも改めて注目が集まっているようで、

「もう一度万葉集勉強してみようかな」

なんていう声もあるようですね!

 

この万葉集の件のように、人々の関心は意外なところへ向いていくものですが、今回意外にも

若者

からの反応も非常に大きかったようです。

 

平成生まれの若者からしたら、はじめて元号が変わるという瞬間に出会うわけですし、昭和⇨平成のときとは違い、SNSの存在もありますから、思いの外注目を集めたようです。

 

「令和」に込められた素敵な意味を胸に抱いて、新しい時代の幕開けを待ちましょう♪

もうすぐですね!

Sponsored Links