元SMAPの木村拓哉さんと工藤静香さんの娘であり、モデルでもある、

kokiさん

koki

ファッション誌、ELLE JAPONで衝撃的なデビューを果たし、表紙を飾ったことは記憶に新しいと思います♪

 

しかし、有名芸能人の娘ということもあり、アンチが多くなかなか受け入れてもらえない現実があるようです。

 

kokiさんは東京のインターナショナルスクールに通う、才色兼備。

英語はもちろん、フランス語、スペイン語も猛勉強中。

 

ここまで頑張るのも、kokiさんは世界の舞台を視野に入れているからなのですが・・・モデルの頂点、それこそが、

スーパーモデル

スーパーモデル

の世界。

 

今回はkokiさんのインスタで見る、スーパーモデルに向いているのか?向いていないのか?を検証していこうと思います。

さらにスーパーモデルに最低限必要な身長なども調べていこうと思います。

Sponsored Links

kokiのインスタで見るスーパーモデル向き?不向き?

スーパーモデルという世界

スーパーモデル

世界の一流ブランドを身にまとい、ランウェイを闊歩するには、体型維持に努めたり、今のkokiさんのように語学に堪能でなければいけません。そして強いメンタルは必須。

このように、本人の努力が必要なのはもちろんです。

 

しかし、この世界はそれだけではありません。

時代、シーズン、ルック(服)に合った体型や顔立ちをしているのかどうか。オーディションでデザイナーはその雰囲気を一瞬で感じ取り、モデルたちをふるいにかけていきます。

スーパーモデル

モデルエージェンシーに所属するにも、街角でスカウトされるか、もしくは自分から事務所に積極的に足を運ぶかしないといけません。

 

この世界、本人の努力以外に、その時代にフィットする容姿や雰囲気を醸し出していないと通用しないということになります。

どれだけキレイでも、美人でも、スタイルが良くても、意味を成さない場合もあります。

本人の努力だけではどうにもならないことまで要求されるということです。

 

90’sを代表するスーパーモデルといえば、

ケイト・モス

ケイト・モス

ですね。

 

もちろん他にもたくさん有名なスーパーモデルはいますが、ケイト・モスはこれまでのグラマラスな体型のモデルとは全く違っていました。

 

ショーモデルとしては170cmそこそこの小さな身長(日本人からするとまだ大きいですが)、少女のような痩せた体型、万人ウケする美人とはまた違う個性的な顔立ち。

 

でも、これがこの時代にピッタリだったわけです。

ケイト・モスもエージェンシーからスカウトされたひとり。

家族旅行中に空港でスカウトされ、モデルとしての人生がスタートしました。

 

グラマーなモデルが主流だった時に、彼女をスカウトした人って天才ですよね♪

インスタで見る・kokiスーパーモデル向きor不向き?!

さて、長くなりましたが、kokiさんのインスタを拝見してみましょう♪

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Thank you for the lovely experience! @chanelofficial #chanelhautecouture #Chanel #chanelhighprofile

Kōki,さん(@kokiofficial_0205)がシェアした投稿 –

kokiさんの身長は約170cm。

先ほど紹介したケイト・モスと身長は同じくらいですね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kōki,さん(@kokiofficial_0205)がシェアした投稿

ELLE JAPONでセンセーショナルな表紙デビューを飾ったときから、

「木村拓哉と工藤静香の娘」

ということで大変な話題になりました。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#Graziachina

Kōki,さん(@kokiofficial_0205)がシェアした投稿 –

服やメイクでかなり印象が変わって、若々しさに溢れ、ちょっと背伸びした大人っぽさ、あどけなさなど、いろんな表情を見せてくれています。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

CHANEL MATSURI 9/28〜10/8 #chanelmatsuri #ルージュアリュール @chanel.beauty

Kōki,さん(@kokiofficial_0205)がシェアした投稿 –

木村拓哉さんと工藤静香さんの娘であること、身長170cmの才色兼備・・・ということで、自身の生い立ちも華やかであり、スター性はバツグンであることは間違いありません。

 

新人モデルとはいえ、服や状況に応じてポージングや表情も豊か。余裕さえ感じます。

これらのインスタ画像は「モデル・koki」としても良いキャリアを積んでいるといえます。

 

ただ、世界を目指すとなるとどうでしょうか?

デザイナーの考える世界観に合うのか、他のスーパーモデルたちと対等に張り合っていけるのか?

 

170cmという身長はわたしたちにとっては十分に思えますが、スーパーモデルの世界ではケイト・モスのようなよほどの例でない限り、受け入れられることは難しいように思えます。

 

ではスーパーモデルというのは一体どれくらいの身長が必要なのでしょうか?

Sponsored Links

スーパーモデルに最低限必要な身長は?

koki

世界で活躍するモデル「スーパーモデル」は、

かわいい

きれい

スタイルが良い

というだけではなれるものではありません。

 

「まずこれはクリアしないと」というポイントがあります。それが、

身長

です!

 

世界の舞台に立つスーパーモデルを目指すにあたって最低限必要な身長というのは、やはりあります!

 

あの日本が誇るスーパーモデル、冨永愛さんでさえこう言います。

冨永愛

世界で活躍するトップモデルになれるかどうかは・・・、

「ほとんど遺伝子で決まる」

とまで言っているほどです。

 

そんな冨永愛さんの身長は、

179cm

もう180cmに届くほどですが、スーパーモデルの世界では当たり前なのです。

 

この他にもスーパーモデルの身長をご紹介していくと、

岡本多緒(TAO)

TAO,岡本多緒

身長:177cm

「TAOヘアー」で冨永愛以来の成功した日本人スーパーモデルといえる、岡本多緒さん。

日本人では初めて「ラルフローレン」の広告を飾ったモデル。

現在はハリウッドデビューし、女優として活躍中。

ジジ・ハディッド

ジジ・ハディッド

身長:179cm

テレビタレントであり、スーパーモデルとしても有名なジジ・ハディッド。

モデルとしてのキャリアは長く、なんと2歳のときに「GUESS」の創設者・ポール・マルシアーノにベイビーゲスのモデルとして見出されたのが始まり。

カーリー・クロス

カーリー・クロス

身長:188cm

もうすぐ190cmにとどく勢いですが、スーパーモデルの世界では当たり前です^^;

多くのブランドのショー出演、ヴィクトリアズ・シークレットの広告塔である「エンジェル」を務め、2016年にはスワロフスキーのブランドアンバサダーに就任していました。

カーラ・デルヴィーニュ

カーラ・デルヴィーニュ

身長:173cm(170cmや176cmとも)

イギリスの超お嬢様でありながら、飾らずサバサバして、豊かな表情で私達を楽しませてくれるカーラ。

そんなおてんばカーラはシャネルのデザイナー、カール・ラガーフェルドのお気に入り。

 

身長については情報によってまちまちですが、173cmというのが確実そうです。

一部では170cmとか176cmなどと報じています。

 

もし173cmだとしたら、スーパーモデルとしては低いほうです。

しかし、カーラもやはりケイト・モスと同様、時代の顔になるほどのキャラクターの持ち主であることは間違いないでしょう。

ウィニー・ハーロウ

ウィニー・ハーロウ

身長:175cm

尋常性白斑という疾患により、肌の一部の色素がなくなりまだらの肌を持つウィニー・ハーロウ。

この肌を活かしモデルとして活躍しているわけですが、彼女も175cmと、スーパーモデルとしてはギリギリラインといったところ。

 

こうやってみると、175cmをラインとして、それ以上の身長が必要だということがわかります。

スーパーモデルのなかでもさらにスター性のあるケイト・モスやカーラ・デルヴィーニュは、170cm前半でも活躍できているわけですが、これはほんの一握りの世界。

 

そうなるとkokiさんの身長では、スーパーモデルとしてはかなり難しくなります。

さらに、アジア人モデルというだけでかなり状況は厳しく、狭き門になります。

 

ケイトやカーラを超える何かがないと、この身長でスーパーモデルは難しいと言えるでしょう。

さいごに

インスタで見るkokiさんはスーパーモデル向きか不向きか?

さらに、スーパーモデルに最低限必要な身長についても調べてきました。

 

身長について、どうしても175cmあたりのラインが必要になってくるわけですが、かといって全くkokiさんにチャンスがないかというとそういうことでもないでしょう。

 

ここまで世界に目を向けて頑張ってきたのですから、やれるところまで頑張ってみれば良いんです。

まずは海外のモデル事務所に所属して、そこから頑張って欲しいですね♪

Sponsored Links