医師でありながら、テレビにも出演していたタレント女医として知られる、

脇坂英理子

脇坂英理子

 

テレビ出演時には派手なギャル風メイクや、露出度高めなファッション。

実生活では、

「年収5000万でもいっさい貯金をしない」

「ホストクラブ通いして一晩で最高900万使った」

「数百人の男と寝た」

などの派手な生活ぶりも注目を集めていました。

 

さらに2016年には、自身が開業する美容クリニックでの診療報酬詐欺で逮捕されています。

 

医者らしくない風貌に言動^^;

しかし医者になるくらいなので、脇坂英理子の実家はそれなりにお金持ちなのではないか?と予想はつきますが・・・実は名家だということだそうです(?!)

名家

 

今回は「風貌や言動は下品なのに、脇坂英理子の実家は実は名家だった!」ということについてお伝えしていきます♪

さらに、彼女のすっぴん画像についてもご紹介していこうと思います♪・・・正直、ヤバいです^^;

名家出身なのに下品な彼女の経歴についてもお伝えしていきますね^^;

 

脇坂英理子・華族の名家出身なのに下品ですっぴんがヤバい?!

見た目や生活がド派手でとても医師になる器でもなさそうな脇坂英理子ですが、医者になるにはそれなりのお金持ちで良い家柄なのではないかと推測できます。

脇坂英理子は過去にTwitterでこんなことを言っていました。

脇坂英理子,Twitter

ここには脇坂安照の名前が挙がっているようですが、龍野藩とは現在の兵庫県たつの市にあたる、播磨国龍野周辺を領有した藩です。

脇坂氏はかつて豊臣秀吉にも仕えた名家臣。

自身の先祖がこの脇坂氏なのだとはっきり主張しているようです。

 

ですが!(笑)

 

脇坂英理子の主張したのも束の間で、脇坂家16代当主に縁戚関係をバッサリ否定されてしまいました^^;

 

やはり、これだけ容姿や言動が下品なんですから、彼女が戦国時代から続く名家の出身であるはずがありません。

ある意味、私はホッとしていますよ^^;

 

さて、そんな彼女がギャル風メイクを落としたらどんな顔になるのでしょうか?

脇坂英理子

お~・・・^^;

ははは、すごいですね(汗)

すごいというか・・・ヒドい。

 

脇坂英理子

メイクがこんなに見た目を変えてしまうのかと、ある意味感心させられる画像です。

ですが、高収入の医師という職業に就きながら、自分磨きという作業にはセンスを発揮できていないようで、単なる「若作り」「時代錯誤なメイク法」で勘違いしているだけのようですね(汗)

 

脇坂英理子の経歴

脇坂英理子

名家の出身であることを主張したものの、本家本元に完全否定され立場のない脇坂英理子。

彼女がこれほどまでに勘違い女王になってしまったのには原因があったのでしょうか?

脇坂英理子の経歴を追ってみることにしました。

東京都出身
東洋英和女学院小学部~高等部

1996年 東京女子医科大学医学部入学

2003年 医学部卒業後,医師免許を取得
東京女子医科大学病院麻酔科に入局
→主に心臓麻酔をはじめとし,
移植手術にも携わる
脳神経外科麻酔,産科麻酔やペインクリニックにも従事
国内外で学会発表を精力的にこなす
医学雑誌の記事や論文なども執筆

2006年 麻酔科認定医取得

2007年 麻酔科標榜医取得

2011年 麻酔科専門医を取得

2012年 内科・ペインクリニック・美容を
扱うRicoクリニックを開院

引用元:RicoクリニックHPより

 

脇坂英理子のこれまでの経歴を見る限り、どこで人生間違えたのか?と疑問に思うポイントは見つかりません。

普通一般の方と違うなという部分を挙げるならば、小学部から高等部まで一貫のお嬢様学校へ通い、医学部へ進んだ・・・というところでしょうか。

 

よほどのお金持ちの家の出で、勘違いお嬢だったのか。

それとも全く逆で、コンプレックスを抱えながら生きてきたことで、お金の力に頼って派手な生活を送るようになってしまったのか・・・。

いや、でもよほどのお金持ちでなければ、子供をこんなお嬢様学校へは通わせられないでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

逮捕・釈放後に初めてテレビ出演する機会も出てきたようですが、世間の印象があまり良くないことは確かです^^;

 

ある意味こういう勘違いキャラはテレビでは面白がられて出演が増える可能性もなくはないでしょう。

ですが、診療報酬詐欺の被害に遭われたかたにはたまったもんじゃないですよね^^;

 

脇坂英理子が今後どう活動していくのかが注目が集まりますね。