別冊マーガレットで連載されたマンガ、

センセイ君主

が、2018年8月1日(水)に全国ロードショーとなります!

 

原作を読んだという人にとっては予想外のキャスト、まだ読んだことがないという方には非常に楽しみなキャストという感じになりそうですが、すでに決定したキャストのご紹介と、予告動画、さらに曲(主題歌)などもお伝えしていこうと思います♪

 

原作『センセイ君主』とは?

センセイ君主

2013年の8月号から2017年の7月号まで約4年の間、別冊マーガレット(集英社)にて連載されていました。

作者は幸田もも子さん

 

幸田もも子さんの過去の作品として、

ヒロイン失格

よってけ!音子村

姐さんカウントダウン

誰がスッピン見せるかよ

があります。

 

超単純で、でも素直で一直線な女子高生「佐丸あゆは」は、告白7連敗中。

センセイ君主,佐丸あゆは

 

そんなあゆはの前に現れたのが、急遽担任の代理でやってきた教師「弘光由貴」

センセイ君主,弘光由貴

弘光先生はイケメン。でも、性格は超俺様系。

あゆはは恋をして、幾度となくアタックをするものの、弘光先生はつれない態度を取るばかり。

 

私も小学生くらいまでマンガ読んでましたけど、こういうストーリーの流れを見ていると、懐かしい気持ちになりますね♪

マンガで夢を見つつ、恋愛を学んでいくんですよね。

 

『センセイ君主』無料・試し読みはこちらから☆

 

映画『センセイ君主』予想外のキャスト!

映画『センセイ君主』主要キャストは?

竹内涼真(弘光由貴)

竹内涼真

超俺様教師の弘光先生を演じるのが、竹内涼真さん。

 

浜辺美波(佐丸あゆは)

浜辺美波

超一直線な女子高生、あゆはを演じるのが浜辺美波さん。

 

川栄李奈(アオちん)

川栄李奈

あゆはの友達、アオちんには川栄李奈さん。

 

佐藤大樹(虎竹)

佐藤大樹

クラスメートの虎竹は、EXILE、FANTASTICSのメンバー、佐藤大樹さん。

 

新川優愛(秋香)

新川優愛

弘光先生の幼馴染役の秋香役は、ドラマにCMに多く出演する新川優愛さん。

 

佐生雪(詩乃)

佐生雪

原作にはない役の「詩乃」役には佐生雪さん。

 

福本莉子(夏穂)

福本莉子

こちらも原作にはない役、「夏穂」役に、福本莉子さん。

 

アオちんの彼氏(矢本悠馬)

矢本悠馬

あゆはの友人・アオちんの彼氏役には、実力派俳優の矢本悠馬さん。

 

『センセイ君主』キャストは予想外すぎた?!

センセイ君主

さて、このキャストには「予想と違っていた・・・」「予想外のキャストだ」なんて意見が多いようです。

 

竹内涼真さんから醸し出す雰囲気が、弘光先生のそれとは違うように感じてしまうようですね。

演技は上手いけど、この配役は違う!

竹内涼真さんは弘光先生のイメージではない!

竹内涼真さんは好きだけど、弘光先生役は違う気がする。

こんな感じで色々言われてしまっているようですね^^;

 

逆にこの人が適任なのでは?という意見が出ていますが、わりと皆さん共通した考えに至っているようです。それは、

嵐の二宮和也さん

 

二宮和也

です。

私もこれは同感ですね。人をあまり寄せ付けない冷たさと、一瞬優しさを見せるような不思議な雰囲気があります。

切れ長の目も、弘光先生のような雰囲気ありますもんね。

竹内涼真さんは弘光先生にしては、可愛いすぎるのかなぁ・・・と、個人的な意見ですが^^;

そう感じてしまいますね~。

 

さらにもうひとり、俳優の古川雄輝さんも「イメージに合う!」と言われているようですね^_^

古川雄輝

そうですね。あまり口数が多くなく冷静そうな、また古川さんも切れ長の目。

二宮さんと同様、弘光先生の雰囲気はありますが、ちょっと見た目が幼いかなぁ・・・と、私個人的にそう思ってしまいました^^;

 

予告動画や曲(主題歌)も♪

さて、気になる予告動画はこちら♪

いかがでしょうか?

主人公のあゆはがかなりブッ飛んだ女の子に仕上がっているようですね。

 

あと、予告で流れていた曲(主題歌なのでしょうか?)もカッコイイですね♪

X-Ray Dog『I Can Do Anything』という曲なんですよ。

フルアルバムなので全曲通しですが、『I Can Do Anything』は15曲目。38:19頃から流れます♪

 

教師と生徒とのラブコメですが、この曲を聴いている限り、かなり面白可笑しく描いているのかな?と期待も出来ますね。

ぜひ一度聴いてみてくださいね^_^

 

まとめ

センセイ君主

2018年8月1日に上映が始まる、別冊マーガレットの連載マンガ『センセイ君主』についてお伝えしてきました♪

竹内涼真さんを始めとして、あまり知られていない役者さんも多く出演されるので、そちらもまた楽しみでもあります。

 

マンガの実写版というと、すでに読んでいる人にとっては「え?!実写化しちゃうの?」みたいな不安はつきものですよね。

原作の世界観は壊さず、かといって原作と完全に一緒では映画を見る意味がない・・・いやぁ難しいですね、映画化って。

原作と映画は全く別物と考えて見ると楽しめるのかな・・・?

 

まぁとにかく!夏休みに、お友達とみんなで観に行ってみてください♪

底抜けに明るいあゆはの姿に元気をもらえるかもしれませんよ!