全国の相撲ファンに衝撃が走った、横綱・日馬富士の幕内力士、貴ノ岩に対する暴力事件。

日馬富士

 

貴ノ岩

10月26日、鳥取で行われたモンゴル出身力士が集まった酒席で、東前頭8枚目・貴ノ岩へビール瓶を使って負傷させたということですが、その酒席には横綱・白鵬も同席していました。

 

貴ノ岩関が提出した診断書は、

「脳振とう、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑いで全治2週間」

引用元:Sponichi Annex

という内容でした。

 

ですが、同席していた白鵬関は、

「実際に手を出したのは事実。今回報道されたような、ビール瓶では殴っておりません」

引用元:Sponichi Annex

と証言しました。

 

ビール瓶で殴っていないとしたら、一体どうしたら頭蓋骨骨折や髄液漏までになるのでしょうか?素手でやったということなのでしょうか?

白鵬関の証言したことは本当なのでしょうか?調べていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

頭蓋骨骨折や髄液漏とはどうやってなるの?

さきほども触れました、貴ノ岩関の提出した診断書の内容ですが、

脳振とう

左前頭部裂傷

右外耳道炎

右中頭蓋底骨折

髄液漏

と、まぁどれもただごとではない内容です^^;

 

しかし、これらの症状はどれくらいの衝撃などで起こるものなんでしょうか?

 

脳震とう

脳震とう

頭を打つなどした際に、脳が激しく揺れ動かされて、急激に起こる一過性の脳機能障害です。

スポーツでの脳震とうはもちろんですが、日常生活においても、転倒や転落、交通事故などで起こりうるものです。

強烈な張り手でグラつく姿は、相撲でも見たことがあります。

 

頭部裂傷

頭部裂傷,長谷部

スポーツ選手にとってケガはすぐそこにあるもの。これはサッカーの長谷部選手ですが、見ているだけで痛々しい・・・。相当なぶつかり合いでこうなってしまったんでしょう。

ちなみに貴ノ岩関は左前頭部裂傷ということです。

「裂傷」とは、文字通り、皮膚や肉などが裂けて出血するほどの傷のことを指します。

普通通りに過ごしていれば、裂傷を負うことはほとんどないですよね。

外からの何らかの力が働いた状態でないと、絶対にできないものです。

 

スポンサーリンク

 

外耳道炎

外耳道炎

これも文字通りの意味ですが、外耳道に炎症が起こっている状態です。貴ノ岩関は右外耳道炎という診断です。

症状として、痛み・かゆみ・灼熱感や耳垂れなどがあります。

原因の大半として、耳かきや爪で外耳道に傷を付けてしまい、そこから炎症をおこしてしまうというもの。

貴ノ岩関は耳の中までも傷を負ったということですが、ビンの破片か何かが入ったのでしょうか?

 

頭蓋底骨折・髄液漏

頭蓋骨

頭部へ強い衝撃が加わると、頭蓋骨骨折になったりしますよね。

頭蓋骨の骨折には、線状骨折と陥没骨折という種類に分けられ、また骨折の部位によって、円蓋部骨折と頭蓋底骨折とに分けられます。

頭蓋底とは、頭蓋骨の底面にあたります。

人間の脳は頭蓋骨の中にあり、頭蓋骨に守られています。そして、中には髄液があり、外傷を受けた場合の損傷を最小限にするという働きがあります。

ですが、骨折をするとそこから髄液が漏れてしまい、髄膜炎を引き起こす可能性もあります。

 

白鵬「ビール瓶では殴っていない」はウソ?

割れた瓶

問題の酒席には横綱・白鵬も同席していたということですが、「日馬富士が手を出したのは事実だが、ビール瓶で殴ったわけではない」と証言しているのが非常に気になります。

 

ビール瓶でなければ一体なにで貴ノ岩関は殴られていたのでしょうか?

「素手」でこんなことになってしまったというのでしょうか?

 

 

脳震とうなら力士の強い力で出来ないこともないかもしれません。

しかし、皮膚に傷を負うくらいの裂傷、頭蓋骨骨折、髄液漏は何かしらモノを使わないことには、ここまでの激しい傷を負わせることは難しいかと・・・。

 

白鵬関もウソをついているのでは?と考えさせられる事件です。

 

正直言って、ビール瓶だったのかそうでないのかは、ここでは全く重要な事ではないと思います。ここまでの大怪我を負わせたことが問題なのではないでしょうか?

日馬富士を守るため?それとも、相撲協会から何か言われているのでしょうか・・・?

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は大変残念な出来事になってしまい、先場所で活躍していた日馬富士だっただけに、ファンのショックも大きかったことだと思います。

事件が明らかとなって、貴ノ岩関の病状も良くなって欲しいですし、日馬富士関の立派な横綱の姿もまた見たいですよね!

熱心な相撲ファンのためにも、協会挙げて今回の件をクリーンにしていただきたいものです!

 

スポンサーリンク